こちらはNPO法人子ども発達支援協会CDCIの日々の活動をご報告するブログです!
by cdci
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:CDCI活動( 7 )

障がい者の方々の働きがい、農業の将来を見に農場を訪ねました。

2011年4月2日

都心から1時間弱、千葉市若葉区、JR総武本線で2駅「都賀駅」で千葉モノレールに乗り換えて4駅目の「千城台駅」の近くに訪ねる農場「(株)ファーマーズマーケット オーガテックハウス」(株式会社メディックスの系列子会社)はあります。

水耕栽培の知識もおぼつかないままに訪ねた私たちは、「ここだよ」と言う金地社長の言葉に目を疑いました。半透明な巨大なビニールハウスが何棟も並ぶ、畑というより林に囲まれた手作り工場でした。

この農場には10人の障がい者と健常者3人、営繕2人の15人が働き、種から発芽から収穫、出荷、保管まで、根気のいる手作業です。
特注のハウスの天井は全て遮光布を使い全長100メートル、そこに小松菜の赤ちゃんから、小松菜の若者達がきれいに整列しているように見えました。ハウスの中も、もちろん作業場も障害者が働き易いように工夫されています。「こんにちはっ!」と声をかけてくれる皆さんの笑顔が輝いていました。
お言葉に甘えて収穫前の小松菜を一葉口の中に…
エグミや青臭さがなく、市販の小松菜とは雲泥の差、今まで味わった事のない新鮮さ且つフルーティな美味しさでした。
a0109269_3475194.jpg


発芽庫も保管庫もまた、地下水を水耕栽培用に分解するシステムも、どれも専門家と共に金地社長が長年の研究と試行錯誤の繰り返しで得た最新テクノロジーの宝庫。
「ここで働く障害者の皆さんはちゃんと自立し、税金も払っているんですよ。
親御さんに感謝されると、とても嬉しいですよね、もっともっと、と思います」と金地社長。
今はサンチュやタマネギ、ニンニク等も試行錯誤中との事、水耕栽培の素晴らしさを見直し、そして働く方々の笑顔に感謝した、そういう1日になりました。
a0109269_3475310.jpg

[PR]
by cdci | 2011-04-02 03:45 | CDCI活動

菅沼源二会長を偲ぶ会が行われました。


2010年6月21日

6月21日、発起人・日野原重明氏により菅沼源二会長を偲ぶ会が緑深い八芳園にてしめやかに開催されました。

NPO法人子ども発達支援協会が発足以来、会の中心として深く広い知識と経験で関係者、理事を導いて下さっていた菅沼源二会長が76歳でした。
2010年4月30日に癌のため亡くなりました。

若き時代は日商岩井の医療機器部門の代表、退社後、医総研を設立し、ODAで途上国の病院設立援助のコンサルティングを専門としていました。
また、血液学、微生物学の専門家でもあることから、日本臨床検査標準協議会事務局長時代には関連する国際会議に日本代表として事務局長として出席していました。

99歳でなお聖路加病院理事長である日野原氏を長きに渡り尊敬し、兄弟のような存在でもありました。
忍ぶ会の当日は、中山桜甫理事が司会を務め、多く医学関係者を始め多くの会葬者は心から惜しみ、菅沼源二会長を偲びました。
a0109269_5431321.jpg

a0109269_5432466.jpg

[PR]
by cdci | 2010-06-22 05:35 | CDCI活動

スマイルカップのデザイン画として採用されました


2009年8月1日

第64回トキめき新潟国体(2009年9月10月開催)に於いて、CDCIが支援しているホットジェネレーションの子ども達が書いたイラストが、エコカップデザインに採用されました。


CDCI には様々な職業の理事がいます。そして広く多くの方々とのお付き合いもあります。今回の採用も中山理事と新潟燕三条のメーカーさまとのお付き合いから生まれたもので、メーカーの皆さんもその個性的な力作に感動、中山理事本人はもちろん理事全員、そして支援したホットジェネレーションの子供達も大喜びでした。
a0109269_3341031.jpg

国体競技場内では、プラスティックや紙などの使い捨てカップの使用が禁止されおり、他球場やコンサート会場でも今後禁止されいく方向にあるため、この子ども達の夢は会場内での需要と共に広まり、障がいを持つ子ども達の可能性を多くの人にご理解頂ける期待が持てます。

エコカップは標準小売価格¥1.890円 その売り上げの一部がホットジェネレーションとCDCIに寄付されることになり、障がいをもつ子ども達の夢と可能性を見出し、育てる活動に役立てていきたいと思います。
a0109269_3351177.jpg

お問い合わせ先
島工業団地「スマイル・プロジェクト」(企画・製造・販売)
〒953-0042 新潟県新潟市西蒲区赤錆3918-15 エスエフ工業(株)内
電話 0256-72-3780 ファックス 0256-72-3721
http://www.rakuten.co.jp/feeds



[PR]
by cdci | 2009-08-01 03:25 | CDCI活動

千葉県御宿の禅寺、古川住職を訪ねる

2009年3月1日

猪年が明けた時、CDCIの菅沼会長のところに1枚のファックスが届きました。

前職、日本経済新聞社勤務だった古川氏は会長の弟のような方、
そのファックスには海に近い山里の寺を継ぐ事になったので、是非、様子を探りにいらしてください…との事。CDCI理事メンバーは活動の範囲を広げられるのでは…と勇んで訪ねてみました。

新宿で待ち合わせてワゴンカー、理事7名は3時間余、潮の風、緑の香り、古民家…
長慶寺の古川範男住職の年賀状に書かれていたのは「疲弊し切った地球のために贅沢を控え、環境改善に猪突猛進したいものです」との事。

日曜日であった事もあり、寺の中では絵画展、独奏会が行われご近所の方々で賑わっていました。古川氏とお話をしていると住職という感じよりもプロデューサー。
この御宿を海外のアーティストに古民家を解放してギャラリーにして芸術村に、子供達には林間学校や体験学校、大人は源氏ホタルの群舞を見ながら一献傾ける…アイデアは溢れるばかり…。

a0109269_60723.jpg
CDCIの事業として大きな宿題を与えられたような1日でした。
最期の住職が「私達はひとつの木、出会いと愛、この広い地球で愛と愛が解け合って宇宙へと飛んでいく」の言葉が印象的でした。
[PR]
by cdci | 2009-03-02 10:54 | CDCI活動

桜甫先生の熱心な力添えに背中を押されていますっ!

2008年2月15日

a0109269_14351172.jpg昨年8月、子ども達のミュージカル公演前日、夜遅くまでかかる総合リハーサルの時でした、タイミング良く身体に優しいソフトクッキーを沢山差し入れしてくださいました。それも大人用、子ども用とそれぞれに可愛いリボンをあしらって…。
もちろん翌日の公演にも来ていただきました。終了後ロビーでお会いした中山先生とお仕事仲間の方も、涙でお化粧もはげて目元ウルウル。知的障がいがある子、健常な子ども達、ボランティア参加の皆さん総勢130名余が一緒になって踊り、歌う一生懸命な姿、純粋な汗と笑顔に感動されたようでした。
しばらくして子ども達の共作大型お礼カードが桜甫先生に届き、自宅を訪ねると壁に飾り、来る人来る人に嬉しそうに、子ども達の話をしていました。

そんな事がきっかけとなり、テレビや出版で忙しい合間にhttp://www.sakuraho.com料理研究家・中山桜甫先生はご自分で知的障がい児の現状や、ご家族の将来の不安など様々な問題を勉強され、食品等の仕事関係会社へも、また様々な料理教室で、また自宅での集まりの時にも、CDCIの主旨や活動等の説明をして、賛同を呼びかけ、会員集めに大変な力を注いで下さっています。それこそ熱があろうが、体調が悪かろうが、お構いなしなのです。「パンレット無くなったよ〜、すぐに送ってちょうだいねぇ!」のメールや電話、もう半年もこの状況が続いています。

「だって、まずは知的障がいを知ってもらい、障がいを持つ子ども達に神様が与えてくださった宝物、輝く才能を、広く多くの方に知っていただかなきゃ、いけないと思うの」と満面の笑顔。近々、仕事関係の皆様と「CDCIチャリティコンペ」を開催するという予定もあるそうです。本当に有り難く、心強い力に背中をいつも押されていますっ!
[PR]
by cdci | 2008-02-15 14:32 | CDCI活動

年明け早々の吉報っ!当協会の菅沼源二理事長が平成20年度日野原重明賞を受賞!

2008年2月4日

平成20年の新年を迎え、1月26日、神戸において授賞式が行われました。
この賞は予防医学、健康増進、あるいは行動科学等の分野において多大な貢献をした人物を顕彰し、これら分野の学術向上に寄与することを目的としています。
人間ドック及び総合健診の創設、生活習慣病の提唱をはじめとする広範な保健衛生、健康科学の分野において、20世紀から21世紀にまたがる長期にわたり、人々の健康と幸福に偉大な貢献をされた日野原重明先生の功績をたたえ、後に続く人々の心の中に、その偉大な業績を長く継承されることを心から望んで、日野原重明先生が自ら授与されるものです。
私たちスタッフ、理事一同、理事長の受賞を大変誇りに思い、一層心を引き締しまる思いがした年頭の吉報でしたっ!
 
(日野原重明/聖路加国際病院名誉院長・同理事長、聖路加看護大学名誉学長。財団法人ライフ・プランニング・センター理事長。日本音楽療法学会理事長。全日本音楽療法連盟会長)
a0109269_1429043.jpg
a0109269_1429827.jpg

[PR]
by cdci | 2008-02-04 14:27 | CDCI活動

ホットジェネレーション/ミュージィカル Shine


『ホットジェネレーション/ミュージィカル Shine』に沢山の温かい心をいただきありがとうございましたっ!

8月26日、残暑も厳しい日曜日にもかかわらず多くの方々に東京芸術劇場までおいでいただき感謝でいっぱいです。
健常児と障がい児、それにボランティア参加のプロのダンサー、俳優、オペラ歌手の方々が一緒にミュージカルを公演するという事は、おそらく日本では他にはありません。その意義ある活動にできるだけの支援をしているCDCIのスタッフも当日のお手伝いに出ました。会場時間前にはロビーに沢山の方で溢れ、15回目とはいえ、またいつもの事とはいえ、受付準備に大慌てでした。家族でおいでの方々、業界の方々、芸能関係者、メディアの方々…胸は高鳴ってきます。会場時間が10分程遅れたのはギリギリの時間までステージで子ども達の総リハーサルが行われていたのですが、受付担当としては何か問題がおきているのでは…お客様を迎えながら少々不安にもなり、胸の高鳴りに不安も重なり緊張の時間でした。
公演開始の音楽が聞こえてきてホッとし、時々会場に入ってはステージに見入ってしまいます。エネルギッシュで迫力さえ感じ、障がいを持つ子も健常な子もみんな変わらずに笑顔で楽しそうに頑張っていました。その姿に元気をもらった…と感動し目頭を抑えている方々も沢山おいでになり、改めて、この活動を広く伝えていくべきと強く思いま

前日リハーサルも夜遅くまで行われました。
a0109269_11272566.jpg


撮影禁止の会場でスタッフが内緒で撮ったステージ、お客様の席通路まで子ども達は
踊りだし、手話を基本にしたダンスで会場を盛り上げていました。
a0109269_11212925.jpg


この公演には沢山の著名人からの応援メッセージ等もいただき、子ども達の力作の絵と合わせて毎回、開催会場のロビーに展示させていただいております。
今回も宮崎 駿様、藤原紀香様、美川憲一様、森高千里さま、モーニング娘の皆様、松浦亜弥様の皆様から温かい応援の言葉、イラスト、写真などで素敵なコラボレーション作品にしていただきました。

ステージを終えた子ども達は嬉しいコラボレーション作品の前で記念撮影。
a0109269_11212014.jpg

[PR]
by cdci | 2007-08-31 11:09 | CDCI活動