こちらはNPO法人子ども発達支援協会CDCIの日々の活動をご報告するブログです!
by cdci
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第6回 CDCI心と身体のケアセミナー

2012年6月23日

第6回 CDCI心と身体のケアセミナー
知的障がい者の「就労、その後」

a0109269_224768.jpg
就労した障がいをお持ちの方のご家族、雇用者は、その本人の将来を思う時、様々な課題と問題が山積しています。
日常生活に関わる事、家族や友人、仕事場での人間関係、お金のやりくりなど、地域の中で安心して生活を送れるようになるためには、周囲の方々の理解や度努力が必要です。
今回は「就労、その後」をテーマに、卒業した後の就労の場所と環境整備を行っている三鷹市の社会福祉法人の事例、障がい者を雇用している企業の取り組み事例等を紹介し、就労した後の諸問題について一緒にかんがえる機会になりました。

開催日時
平成24年6月23日(土)
受付開始13:00 閉会16:30
開催場所
文京シビックセンター
5階 区民会議室 会議室A-B
コメンテーター
社会福祉法人にじの会理事長 石崎優仁氏
東京都心身障害者福祉センター 山本良典氏
株式会社レオパレス•スマイル 湯田正樹氏
料理研究家•栄養士 中山桜甫氏

a0109269_22421567.jpg


障がいをお持ちの子様の親御さんは健常の子ども達の親御さんと同じように、学校に入れば「ちゃんと挨拶できるかしら」「友達できるかしら」から始まり様々な心配や不安を持ちます。「うちの子は無理」「うちの子はダメ」と決めつけないだけ良い方です。また、就職したらしたで「周囲に迷惑をかけないかしら」「仕事をちゃんとできるかしら」と気がきではありません。
 住み慣れた地域で障がい者が働く場と生活の場を得るために様々な支援活動もあります。生活介護事業や就労継続支援•就労移行支援事業を進める「にじの会」は平成7年に活動開始以来、対象の地域の同意や国庫補助等を求める事から始め、7カ所程障がい者が働くための場、支援の場を設けてきました。

a0109269_22422790.jpg


 株式会社レオパレス•スマイル湯田正樹氏は重度の障がい者6名の仕事として、名刺印刷業務、メーリング業務、パソコンを使った業務などを行っています。
職場において「ありがとう」「ごくろうさま」は就労意欲を上げるとの事。
障がい者同士が「みなさま、4時です、まだまだ郵便物があります、がんばりましょう」と声をかけあっている姿に驚いたそうです。

【障がい者の4つの願いは……】

1、役に立つ存在(必要とされる存在)でありたい。
2、働きたい。
3、楽しく生きたい。
4、みんなと一緒に暮らしたい。

【障がい者に対する、雇用者、周囲の支援のポイント】

1、明白なルールを作り、それを一貫させる。
2、ルールはできるだけ具体的にする。
3、ルールや日課は視覚化し、見えるところに掲示する。
4、否定的な言葉は使わずに、できるだけ肯定的な言葉を使う。
5、感情的に叱ることはつつしみ、どうすれば良いかと客観的に伝える。
6、よいことはまめに褒めて強化をはかる。
7、よくない行動を叱るより、よくない行動をしなかった時に褒める。
8、ご褒美は一回分は控えめで、積み重ねられるものがよい。
9、本人の主体性、気持ちを尊重する。
10、問題行動に過剰反応しないで、その背景を振り返る。

 障がい者の就労、その後に欠かせないのは、「理解」と「支援のポイント」を知った上での支援、実行です。そして、その家族や企業を両輪として、ボランテイアや地域住民、後援会等のサポート、更に行政の協力が必要です。
様々な地域で障がい者が生き生きと社会参加していくには人的な力、資金的な力を必要としていますが、地域社会づくりはボランテイアや地域住民の方々と協同して進めていけることです。

「私の前を歩かないでほしい、私の後ろを歩かないでほしい、わたしの横を歩いてください」と言う働く障がい者の言葉は、大切な支援の基本を感じさせてくれました。

[PR]
by cdci | 2012-06-25 22:23 | 心と身体のケアセミナー